ヘアカラーしたあとの

新しいホームケア習慣のご提案

 

ヘアカラー剤と同じ考えでケアするというのが最もわかりやすい方法です。

また家でも簡単にできて・ヘアサロンでのカラーケアを目指しました。

カラー褪色の要因である洗浄効果に着目し、独自の処方設計により、

褪色抑制とカラーダメージケアを同時に叶えます。

もっとカラーリングを楽しみたいけど、気になる『色持ち・ダメージの抑制・手触り』を

まとめて解決しませんか?

Color Care Shampoo&Treatment

banner_haircare_release.jpg

特長

point_c.jpg

キューティクルと水分保持に着目したダメージケア

リペアモイスチャー成分によりキューティクルの隙間を埋めることで、毛髪成分の流出を抑え、強度・水分保持機能を高め、カラーの定着とやわらかな手触り・ツヤをもたらします。(モイスト及びエアリートリートメント共通処方)

 

リラックスタイムを演出するボタニカルフレグランス

ラベンダーをメインにしたフレグランスで、自然の力を感じさせる、甘さのない爽やかな香りで心身ともにリラックスタイムに仕上がっています。

point_e.jpg

Color Shampoo(ASH)

c_shampoo.jpg

THROWカラーのベース「シアーブルー染料」配合

サロンで使用するカラー剤と同じ成分を配合した、カラーシャンプーです。カラー剤の染料の流出を抑えると同時にツヤ、うるおいを与え、褪色が進行していく中でもっとも抜けやすい寒色系の染料を補います。赤みを抑えTHROWカラーの本質であるASH(アッシュ)の色持ちを向上させるカラーケア。

point_g.jpg

Color Tuner (Only at Salon)

c_tuner.jpg

ヘアカラー直後の残留物を除去

ヘアカラー直後、毛髪に残留する過酸化水素を「カタラーゼ」という成分で除去することで、毛髪内部の過剰酸化により引き起こされるシステイン酸の生成を抑え、カラーによるダメージをケアします。更にモイスチャーフィルム成分によりコンディショニング効果・帯電防止効果を発揮し染料の流出を防ぎます。

point_f.jpg